Top Category Archive All title Link Antenna Mail RSS Search
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- (--) スポンサー広告 |
我思ふところあり、
昨年の暮れから今日に至るまで、近畿一圓を余すところなく、素っ裸で走り抜けるという狂行に討って出た。いわゆるストリーキング。ストリーキングとは、公共の場を裸で走る行為のことであり、パフォーマンスの一環として行うもの。そこに性的な意図はなく、性癖の一環であったり、己の性的欲求を満たす為に行われるものではない。特に“露出狂”とは区別して考える必要があるだろう。

その空前絶後の大狂行、誰か見た?その勇姿、誰か見たのか?
もし誰か見た奴がいるのなら、勘違いしないで貰いたい。寒さで縮み上がっていただけの話。あれが本当の私の姿ではない。あんなものではない。決してあんなものである筈がない。本来の私はもっと獰猛でもっと果敢な、そう、手のつけられないコブラだ。漢字で書いてもいい、虎舞羅だ。時にコブラはツイストだってキメ込む。時にはキメられる。そう、コブラツイストだ。アントニオ猪木に優るとも優らない、アントキの猪木に劣るとも劣らない、そんなコブラツイストをキメられ「イダタタタッ、ギブッ、ギブッ!ギブッて言うてるやんけ、放せやっ!!」そんな感じだ。

無論、近畿圏を周回するのに無問題だった訳はない。
行く先々で白眼に晒され、罵声や投石、放水や放尿を浴び、夜毎くり返される悪戯書きは全身にまで及んだ。警察に追われれば、近くにあった自動二輪車に股がり逃走。直に刺激的な超振動を金玉&尻穴に受け、発射オーライ!なんてことも。刹那の悦楽と恍惚の先に待ち受けているのは、虚無と空虚、脱力感と無力感。自己嫌悪に陥る恰好の材料に他ならない。

それにつけても世間の風というのは、クール&クールなもの。
箱根駅伝を彷彿とさせる私の走り。そのタスキを、誰も受け取ってくれないんだもんな。いやんなっちゃう。

※白眼、罵声、投石、放水、放尿、鞭、蝋燭、悪戯書き
それらすべての行為が、私の股間的部位に集中する傾向にあったことは否めない話であり、油性ペン太字で書かれた悪戯書きが、未だ消えずに残っている事が言うまでもない話なら、私の男根を矢印でさした“おそまつ君”という文字を見る度に涙が溢れてとまらないのは、誰にも知られたくない私だけの秘密に違いない。

スポンサーサイト
2008-01-20 (Sun) 日記 |
さてさて、既に決行されているであろう除夜のテキストラーイク祭り
気付いた時には読みたかった方々のテキストを全スルー、自分の出番(28日午前3時)まで終わってるという不始末ぶり。
いやはや、まいった。

それにしても、私の出番を何人くらいの人が見たんだろう。
少し気になり、主催者にアクセス状況を聞いたところ、ものの見事に0人だったらしい。私の時間帯だけキレイに0人だったらしい。
ノンアクセス。それまであったアクセスはピタリとやみ、私の出番が終わると同時にアクセスが急増したとか、してないとか。
主催者からは「すまない」とのひとこと。

住みにくい世の中になったもんだなと
ひとり静かに街路樹を歩こう どこまでも どこまでも

ということはあれだな。
私が書いたのを読んだのは、主催者只一人ということになる。なんなら、主催者も読んでないかもしれない。それならそれで良い。
誰の目にも触れる事無く、歴史の狭間に消え去っちまえばいい。あんなもの。

人里離れた山間にひっそりと家を建て
ひとり静かに暮らしていこう いつまでも いつまでも

わかっている。わかっているさ。みなまで言うな。
本当は私の出番を死ぬほど見たかったのに。それなのに、アナルセックスや激しいオナニー、フィストファックや緊縛プレイなどの日頃の疲れが溜まっていて、ついウトウトと寝てしまい、私の出番を見逃してしまったんだろ。

どれほど悔しかったことか、私にはわかる。
わかるがしかし、これ以降も私が敬愛するあの人や大っ嫌いなあんちんしょーまで続々と登場する除夜テキ。
気が向いたら是非御覧あれ ⇒ 除夜のテキストラーイク祭り

※特に深夜3時は要チェック(私はぐっすり就寝中)

2007-12-28 (Fri) 心語 |
高校に入学する娘が、入学祝にピアノが欲しいと言っていたので、アンパンマンのピカピカ「キーボードだいすき」を買ってやった。
あれから3年、娘は口をきいてくれない。お前が欲しいって言ったんじゃないのか?
2007-12-26 (Wed) 短文 |
今世紀最大の隠密計画を練る私は、今日のこの良き日に、車を見に行ってきた。

LOOK AT CAR BY MY DAY

なぜ故、隠密なのか。愛人のニカワルちゃんとデートする為に他ならない。ニカワルちゃんは日本に来て3年になるカンボジア出身の女子大生、19才。メス。知り合った切っ掛けは、まぎれもなく“乳首”

市営の図書館で乳首の研究に没頭していたニカワルちゃん。「明日は乳首と思い知れ」や「本当にあった乳首な話」など、乳首の為の乳首書に夢中になる彼女。自分がヨダレを垂らしていることすら気付かないご様子。

そのたたずまいは、野に咲く一輪の花というよりも、まるでSMちっくな趣味部屋に、凛とし咲き誇る黒薔薇のよう。その黒薔薇に魅入られた私は、足音をたてないようローラースケートに履き替え、すーっと彼女に近寄り、こう切り出した。

「乳首、お好きなんですか?」
 アンガァー?
「そうですか。いいですよね、乳首」
「暑い日の風呂が上がりなんかに、キューッと一杯やった日にはあなた。
 もうサイコー」
「でもね、それで乳首のなにが分かるというのですか?」
「もっと言うなら、私のなにが分かるというのですか?」
「生まれた所や皮膚や目の色で、一体この私の、
 この私のなにが分かるというのですか?」
「私の乳首が感じるとでも?」
「ビンビン・オッタチーノ・オンザ・乳首になるとでも?」
 アガ?
「ふっ。そんなもの、所詮は机上の空論」
「いいか、乳首が知りたいなら乳首に聞け!」
「乳首が喰いたいなら乳首亭へ行け!!」

そう言って彼女を便所の個室に連れ込んだ私は、自らのシャツと右のブラを捲り上げ、右の乳首を露(あらわ)に、右の乳首をつまみながら、右の乳首についての講義を約30分間に渡って行った。

いわゆる乳首講習右学科である。学科終了後には、講習修了書を発行する為の申請書に、住所、氏名、年齢などの必要事項を記入の上、ボインなる乳首印を押してから、お待ちかねの実技講習へと移行していく。

無論、その際には露になった私の右の乳首を元通り、天使のブラで寄せて上げて覆い隠してから、いざ左乳首を露(ぽろり)する。

まずは舌先での“チロチロ”をレクチャー。乳首をチロチロする時には、蛇をイメージして行う。いわゆるイメージング・スネーキー。この時けっして牛をイメージしてはならない。牛だとモーモー言ってる変な人になってしまうからだ。ここでの教訓。蛇になれ、今この瞬間(とき)に、蛇になれ。

次に突起の回りにある輪をなぞるように、舐めては回す“乳輪舐回”を伝授する。「ひたすら舐め回せ!舌が千切れるその時まで!!」ここでの教訓。舐め回せ、乳首のわまり、なーめなめ。

最後に“レロレロ”を継承して実技講習は終了となる。「いいか、ここでは正しい発音を身に付けることが肝心となる」「私の後に続いて発音しなさい。リピート・アフター・ミー」「レロレロレ」「フェロフェロフェ」「ちがーう!レロレロレだ」「フィラーフ!フェラファラフェダ」「ちっがーう!」「フィッラーフ!」「あのね。」「ファラエ。」

こうして全ての講習を無事に終えた彼女は、乳首検定2級保持者と同等、もしくはそれ以上の知識と技術を会得したことになる。

その後3時間、みっちり彼女に乳首を弄んで頂いた私が、満足して個室を出ようとした刹那、何者かにより取り押えられた。どうやら図書館の職員に通報されていたらしい。俗に言う御用だ。

それを期に彼女との交際がはじまった。
そして現在。妻に内緒の車購入計画は実行段階に進んでいる。

とある大手ディーラー店にて。営業マンと一緒になって車を吟味する私。
(ともすれば、この営業マンも同罪、共犯ということになるのだろうか。妻にバレた時には一緒に謝ってもらおう)

営「では、こちらの車などいかがですか?」
私「いや、ちょっと違うかな。もっとスポーティーなのが欲しいんだよね。風になりたいのよ、風に、わかる?」
営「そうでしたか。それなら少し違いますね。この車は広々とした交尾座席が売りですから」
私「・・・・こ、これ下さい!」
営「えぇーーーーーーー!」

2007-12-24 (Mon) 作文 |
この頃、象に踏みつけられる夢をよくみる。
通りすがりの大きな象にドスンッと踏みつけられたその後には、決まって子象にも踏みつけられる。
踏みつけられるだけならまだしも、何度も何度も足踏みまでされる。
そんな夢を見る時は、いつもうちの娘が私の上で跳ねまくっている。
・・・・ということは、大きな象は・・・・誰?

2007-12-21 (Fri) 短文 |
果物の種は食べられない。
これは私の長い人生経験から生まれた教訓であり、哲学でもある。故に、現在の私はイチゴの種すら食せない体になってしまった。そんな私の妻は、ありとあらゆる種を取り除く種取り名人。匠と言ってもいいだろう。種取りの極みだ。最近では、夜な夜な私の種まで吸い付くす勢いがある。無論、外で私が種をバラまかないようする為なんだろう。こうなったら、タンポポみたいに種子を飛散させるしか手はない。どこまでも飛んでけ、我が精子!!(ベランダから発射)

※何処かで誰かが、身に覚えのない子を身籠ったとしても、私には一切関係ありません。あしからず。

2007-12-18 (Tue) 日記 |
そういうばこの頃、めっきりコメントくれる人がいなくなった気がする。気がするだけならいいけど・・・・。
そりゃあ、色んな意味で私が凄過ぎるから、コメントしづらいのも分かる。その美少女ぶりといえば長澤まさみ並みだし、クリトリスのクリクリ加減なんか、マッコウクジラのちょびヒゲ並みに希少価値の高い逸品。
その禿げ上がり具合なんて温水洋一そのもの。春のハゲ真似選手権大会に出場したら三位が確定するくらいにソツクリ。乳首のデカさなんてマンホール並み。乳輪の大きさならまだしも乳首がマンホールぐらいあると、ブラ外したらみんなドン引き。秋の綱引き選手権大会で今にも負けそうなチームに見せたら、一気に引き返すどころか目が点になって体のみならず、珍棒まで硬直するぐらいのドン引き加減。

そりゃあコメントしづらいのも分かる。分かるがしかし、あまりにも誰もコメントくれないと、やる気も失せるというもの。
いいのか?私がやる気を失くしても?

戦後の混乱の中、様々な理由により離ればなれになってしまった親子達が、何かの切っ掛けで再開出来るチャンスが訪れたにも関わらず、私のやる気、つまりモチベーションが上がらないが為に、叶わなくなってしまってもいいというのか?その時やる気さえあれば・・・・

真珠湾攻撃の際、あまりの恐怖から縦穴式の洞穴に身を隠していた羽田小吉さんが、そこから出られない現実に目を背け、そこに一大帝国を築こうと画策したが、1人ではどうにもならいことを一年後に痛感。死に物狂いで外に出ようとしたが、顔を出す度にピコピコハンマーでモグラ叩きの刑に処され、出るに出られなくなってもいいのか?その時、小吉さんにやる気さえあれば、ピコピコされっぱなしのままで、人生に終止符をうつような男ではなかったはず。その時やる気さえあれば・・・・

貧困に喘ぐ子供達を助けようと、ボランティア活動に出掛けた先が、人喰い族の棲息する地域だったが為に、優しく温かい手を差し伸べたら、その手に村人が一斉に喰らい付いてきたからと、全力疾走で逃げたにも関わらず、最終的には村人総出で捕らえられ、レアで美味しくいただかれてもいいというのか?その時、人喰い村の人々にやる気さえあれば、鍋や丸焼き、お浸しや酢漬けで食してくれたかもしれないのに。その時やる気さえあれば・・・・

コメントすらくれない非情なる諸君。
君らには血も涙もないのか?鬼か?鬼なのか?

赤鬼か?月に一回は私の元を訪れ、ナプキン的な物やタンポン質な物を真紅に染め抜く生理ちっくなあれを連想させる赤鬼なのか?
それとも、青きこと青海苔の如し、青きこと青じその如し、青きこと青二才の如し、青きこと青汁の如し。を連想させるほどの青々とした青鬼なのか?

まあ、なんでもいい。私とてアホではない。
誰もコメントくれない理由はわかっている。
誰も読んでないからだ。

2007-12-15 (Sat) 心語 |
夢を見た。
街角のベンチに腰掛けた女性が、ロングスカートの裾(すそ)をたくし上げ、下着まで見えている。

急いで携帯を取り出し写真を撮ろうとするが、パカッてする部分がグラグラして上手く取れない。慌てふためきながら何度も試みるが、やはりパカッの部分がグラッグラする。もはやパカッてする部分ではない、グラッてする部分だ。なんならグラグラを通り越してフニャフニャ感まで出てきた。どうにも上手く撮れない。焦れば焦るほどにグラッな部分はフニャフニャ感を増していく。
そうこうするうち、女性はスカートを直しその場を去って行った。

ハッ!として目覚めた私は、何故か涙で頬を濡らしていた。
これからの長い人生、そんな自分を思い出すたびに、私は涙するのだろう。

2007-12-12 (Wed) 日記 |
先日、某ビデオメーカーの方からおメールを頂いた。
内容は以下の通りだ   

はじめまして、株式会社○○の××と申します。
弊社はアダルトビデオのメーカーをやっておりまして。この度、元鍵師がピッキングで侵入レイプ的な作品を制作したいと考えておりまして、実際の開錠が出来る人にご協力頂き、撮影をしたいと考えております。実際の鍵屋に電話したところ組合やらモラルやらとうるさくて、なかなか難しいのが現状です。元鍵師で検索したところ、ハラキリロマンと言うサイトより疾走する雲が如くの管理人様が元鍵師とありましたので、メールいたしました。撮影は都内で11月中にと考えております。是非一度ご連絡いただけないでしょうか。お待ちしております。

ようはスカウトだ。
それも飛びきり魅力的で、かなりそそられる内容のスカウト。人生において様々な経験をしてきたと自負する私ではあるが、まさかAVにスカウトされるなんて思いもよらなかった。

無論、丁重にお断りの連絡を入れたものの、かなりのマグニチュードで激しく心を揺さぶられたのも確かだ。マニアックあんど変態ちっくなその内容は、まさしく私のドストライクゾーン・オブ・AV。おちんぽ様がおっ勃っちゃう。我慢汁だって放出しちゃう。

やはりお手伝いに伺うべきだっただろうか。ちょちょいとピッキングして部屋に侵入したなら、あんな穴やこんな穴に、あんな事やこんな事まで。考えただけで、おちくび様がおっ勃っちゃう。乳首汁だって溢れちゃう。

その雄姿を収めたVTRを、余す事無く愛する妻や娘に見せるべきではなかっただろうか。自慢気に、得意気に、満面の笑みで。百獣の王ライオンが、身を持って我が子に生き抜く術(狩り)を教えるかの如く。今の私にはそう思えて仕方がない。

そのAVが発売された暁(あかつき)には、ここで宣伝するのみならず、個人的に購入する覚悟さえあると、ここに宣言しておこう。

ちなみに、私がスカウトされる切っ掛けを作った張本人は、「ハラキリロマン」のハラキリであり、切っ掛けになった文書は「それこそが鍵」だったらしい。

危うくAVデビューさせられそうになった今回の一件。
ハラキリは私になにか怨みでもあるのだろうか

2007-12-09 (Sun) 作文 |
一部の地域で、相当な倹約家としてその名を轟かせている私は、高騰極まりないガソリン代に無駄な抵抗をすべく、L(リッター)あたり3円は安くなると噂のPC(プリペイドカード)を買いにGS(ガソリンスタンド)へ行った。

「すいません。壱万分のプリペください」
「はい、プリカですね。少々お待ちください」

2007-12-06 (Thu) 短文 |
ここにきてようやく
「疾走する雲が如く」が不人気である理由が分かってきた。

私としたことが、今まで気付かなかったなんて本当にどうかしてた。
あれだろ?あれなんだろ?
プレゼント企画をやらなかったからなんだろ?そうなんだろ?
やはりな。そうだと思ったよ。そうに違いないよな。うん、違いない。

赤ん坊には高い高いやベロベロバーをしてやり、子供にはガリガリ君やうまい棒を分け与え、婦女子にはドデカい珍棒をぶち込んでやる。そして読者にはプレゼントを。それらを怠ったなら、そりゃ不人気にもなるわな。今まで気付かなくて本当に申し訳ない。

つー訳で、くたばれ読者!!

余談はさておき、
このブログをやり初めた時、心に決めていたことがある。
もしもこんな事態に陥ったら、引退を考えるべきだろうと

〇一年間やり続けても100万ヒットしない
〇人気ブログランキング(手芸・ハンドクラフト部門)で一位になれない
〇靴ベラなしで靴が履けない
〇シャンプーが髪に合わない
〇サンポールが肌に合わない
〇暴君ハバネロの旨スープを買ってきたのに飲む勇気が持てない
〇ショーンコネリーと結婚できない
〇どうやったらルクセンブルグ警察に就職できるのか分からない
〇料金所で壱万円札を出しても嫌な顔ひとつされない
〇リアディゾンの丸秘裏動画を入手したのに再生できない
〇エディーマーフィーの声真似をしても誰も笑ってくれない
〇オーバーオールが似合わない
〇ムーニーマンが上手く履けない
〇みかんの薄皮に付いてる白いスジが上手く取れない
〇インターネットカフェでコーヒーを頼むタイミングが掴めない
〇見違えるような美女に輪廻転生できない
〇芦屋マダムに「ボウヤ、カワイイわね」と言われない
〇ノストラダムスの予言が当たらない
〇心頭滅却したのに火がとても熱い
〇一年間やり続けても全く人気がない
〇誰かによって私の素性(ジャニーズJr所属であること)が赤裸々に語られた時
〇新橋で飲んでるサラリーマン100万人に「疾走雲如」の感想を聞いても、何も答えは出ないばかりか、現存する事実さえ微塵も知らない

今年も残すところ後わずか。余程の事でもない限り、私の引退は決まったようなものだ。出来るだけ早いうちに、その旨を日本指相撲協会に伝えておくとしよう。うん、そうしよう。

2007-12-03 (Mon) 作文 |
さてさて、お坊さんが走り回るくらいに忙しい言われる師走。
その糞忙しい年末の時期に、隣組の組長がなにやら企てているようだ。

内容は「除夜のテキスト祭」のパクリ企画。本気パックリ企画。

以前に私も参加させて頂いたことのある「除夜テキ」どうにも今年は開催される気配がない。
それをいいことに、奴はパクリやがった。パックリと大股開きの大開脚でパクリやがッた。

しかもだ。ミラー企画と称して無許可でやってのけるつもりらしい(現在、除夜のテキスト祭主催者に許可申請中という噂もあるが・・・・)糞度胸があるというか肝っ玉が据わってるというか・・・・横柄だ。横暴というにも程がある。

しかしながら私とて、今年も出る予定にしていた「除夜のテキスト祭」が開催されない以上、隣組が主催するミラー企画「除夜のテキストラーイク祭り」に参加するしかないだろう。アソコギンギンで。

余計な執筆活動を増やしている気もするが・・・・

それにしても、これまで「除夜のテキスト祭」自体、テキストサイト主体で行われていただけに、ブロガー主催の「除夜のテキストラーイク祭り」がどんな感じになるのか、どれだけのグダグダ感をかもし出せるのか、どれだけ冷ややかな視線を集めることが出来るのか、非常に楽しみな話である。

詳しい内容はこちらを御覧あれ → 「除夜のテキストラーイク祭り」

ちなみに、この企画で私に課せられたテーマは「自由」だ。自由・・・なかなか厳しいテーマではある。いつの時代も、これから大人の階段をのぼろうという少年が頭を悩ませ、胸を痛めるであろう自由というテーマ。

もっと言うなら、ちんぽの毛が生え揃ったばかりの少年が、妙に皮が余っていることに頭を悩ませ、大浴場ではひた隠しにするしかない皮余剰陰茎。包茎手術をするもしないも自由というテーマ。これは少年期に誰しもが経験するであろう永遠のテーマといっても過言ではない。

その自由について私が語れることと言えば、不自由さの中にこそ見いだせるものである。ということと、お金と勇気、良い病院さえ見付かれば解決出来る問題である。ということくらいだ。

自由。そう、フリーダム。フリーダムと聞いて私が発想できることと言えば、カップヌードル。親にばれないよう腕立て伏せしながら、少し冷めたカップヌードルに、自らの股間的な部分を挿れたり出したりするのもフリーダムなら、繰り返し繰り返し、なにかしら発射するまで腕立てを続けるのもフリーダムだ。

つまり、なにが言いたいのかというと。
現在、私の頭の中はぐだぐだ状態であり、到底なにかしら書いたり出来る気がしない。という事だけだ。ただそれだけだ。

2007-11-30 (Fri) 其他 |

 copyright © 2005 雲影 all rights reserved. Template By innerlife02 Admin 

RSS1.0 ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。