Top Category Archive All title Link Antenna Mail RSS Search
Category
現在表示しているカテゴリ = 【日記】
カテゴリ一覧
作文 (40) |短文 (38) |日記 (26) |独言 (2) |戯言 (13) |職語 (5) |心語 (12) |告知 (6) |其他 (14) |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- (--) スポンサー広告 |
我思ふところあり、
昨年の暮れから今日に至るまで、近畿一圓を余すところなく、素っ裸で走り抜けるという狂行に討って出た。いわゆるストリーキング。ストリーキングとは、公共の場を裸で走る行為のことであり、パフォーマンスの一環として行うもの。そこに性的な意図はなく、性癖の一環であったり、己の性的欲求を満たす為に行われるものではない。特に“露出狂”とは区別して考える必要があるだろう。

その空前絶後の大狂行、誰か見た?その勇姿、誰か見たのか?
もし誰か見た奴がいるのなら、勘違いしないで貰いたい。寒さで縮み上がっていただけの話。あれが本当の私の姿ではない。あんなものではない。決してあんなものである筈がない。本来の私はもっと獰猛でもっと果敢な、そう、手のつけられないコブラだ。漢字で書いてもいい、虎舞羅だ。時にコブラはツイストだってキメ込む。時にはキメられる。そう、コブラツイストだ。アントニオ猪木に優るとも優らない、アントキの猪木に劣るとも劣らない、そんなコブラツイストをキメられ「イダタタタッ、ギブッ、ギブッ!ギブッて言うてるやんけ、放せやっ!!」そんな感じだ。

無論、近畿圏を周回するのに無問題だった訳はない。
行く先々で白眼に晒され、罵声や投石、放水や放尿を浴び、夜毎くり返される悪戯書きは全身にまで及んだ。警察に追われれば、近くにあった自動二輪車に股がり逃走。直に刺激的な超振動を金玉&尻穴に受け、発射オーライ!なんてことも。刹那の悦楽と恍惚の先に待ち受けているのは、虚無と空虚、脱力感と無力感。自己嫌悪に陥る恰好の材料に他ならない。

それにつけても世間の風というのは、クール&クールなもの。
箱根駅伝を彷彿とさせる私の走り。そのタスキを、誰も受け取ってくれないんだもんな。いやんなっちゃう。

※白眼、罵声、投石、放水、放尿、鞭、蝋燭、悪戯書き
それらすべての行為が、私の股間的部位に集中する傾向にあったことは否めない話であり、油性ペン太字で書かれた悪戯書きが、未だ消えずに残っている事が言うまでもない話なら、私の男根を矢印でさした“おそまつ君”という文字を見る度に涙が溢れてとまらないのは、誰にも知られたくない私だけの秘密に違いない。

スポンサーサイト
2008-01-20 (Sun) 日記 |
果物の種は食べられない。
これは私の長い人生経験から生まれた教訓であり、哲学でもある。故に、現在の私はイチゴの種すら食せない体になってしまった。そんな私の妻は、ありとあらゆる種を取り除く種取り名人。匠と言ってもいいだろう。種取りの極みだ。最近では、夜な夜な私の種まで吸い付くす勢いがある。無論、外で私が種をバラまかないようする為なんだろう。こうなったら、タンポポみたいに種子を飛散させるしか手はない。どこまでも飛んでけ、我が精子!!(ベランダから発射)

※何処かで誰かが、身に覚えのない子を身籠ったとしても、私には一切関係ありません。あしからず。

2007-12-18 (Tue) 日記 |
夢を見た。
街角のベンチに腰掛けた女性が、ロングスカートの裾(すそ)をたくし上げ、下着まで見えている。

急いで携帯を取り出し写真を撮ろうとするが、パカッてする部分がグラグラして上手く取れない。慌てふためきながら何度も試みるが、やはりパカッの部分がグラッグラする。もはやパカッてする部分ではない、グラッてする部分だ。なんならグラグラを通り越してフニャフニャ感まで出てきた。どうにも上手く撮れない。焦れば焦るほどにグラッな部分はフニャフニャ感を増していく。
そうこうするうち、女性はスカートを直しその場を去って行った。

ハッ!として目覚めた私は、何故か涙で頬を濡らしていた。
これからの長い人生、そんな自分を思い出すたびに、私は涙するのだろう。

2007-12-12 (Wed) 日記 |
先日、友人に
「なら、お前はまちゃまちゃと付き合えるのか?」「光浦靖子とキス出来るのか?」「どれでも好きなのを選んで抱いてしていいぞ。と言われて出てきた3人が、森三中だったらどうする?セックス出来るのか?それ以前にチンコ勃つのか?添え木してでも勃たせる事が出来るのか?」といった内容のお叱りを受けた。無理です。と泣きながら答えた私に友人は「そうだろ?自分の身になって考えてみろ」と言われた。

しかしながらお前の彼女、そんな良いもんじゃないだろ。
と思ったが、私はそれ以上を語らなかった。

2007-11-18 (Sun) 日記 |
温泉などへ行った時、自前のタオル(ピンク色)を持ち歩いてる夫婦やカップルを見掛けたことはないだろうか

もしもそんなアベックを見掛けたら、八割九分六厘スワッパーだと思って頂いて間違いない。
スワッパーとはスワッピングする人のことであり、俗にワッパーなどと略して呼んだりもする。

ご存知でない方の為に一応説明しておくと、スワッピングとは相方交換式性交渉のことであり、複数のカップルがお互いのパートナーを取り替え、同室もしくは別室で行う性交渉の事を指す。いや、挿す。

本来の自分のパートナーが、別の異性と性交渉を行っているという屈辱感と嫉妬心が絶妙に絡み合い、その織り成すハーモニーによって興奮の度合いを高めるというものだ。ようは変態だ。英語で言うならHENTAI、フランス語ならdohentaiだ。

現在、私は秋田県の乳頭温泉に来ている。
勿論、スワッピング目的。ピンクのマイタオル持参だ。
既に相手の目星もついている。残すは交渉のみ。

果たして巧くいくだろうか。一抹の不安は否めない。
初めての経験、そして私が連れているのは、うちの母。


結果はまたの機会にでも報告するとしよう。では、アディオス

2007-11-09 (Fri) 日記 |
時に娘よ。お前いくつになったんだ?

いくつって、まだ10カ月だよ

そうか、10才になるのか

歯は生えたのか?

下の歯が2本だけね

そうか、下の毛が2本だけか

歩けるようになったのか?

ううん、まだハイハイしてるよ

返事は一回でいいから、元気良くはっきりとな

座右の銘はなんだ?

うーん、寝る子は育つかな

そういや、お前よく寝るもんな

あと、人のフリ見て我がフリ直せね

私に言ってるのか?

何が?

・・・・・

趣味はなんだ?

玩具で一人遊びかな

エロいな

彼氏はできたのか?

うん、いるよ。同じ保育園の圭太くん。

このおませさん

やりまくってんじゃないのか?このこの

なにを?

なにをって・・・・早く寝なさい!!


パパ、それで落としたつもりなの?

え?駄目?

駄目じゃないけど、センス無さ過ぎ

じゃあ、どうすんだよ?

自分で考えなさいよ

いや、ここはお前に任せるよ。きっと将来役に立つぞ

私は大丈夫。パパより面白いから

もう寝ろ!!

2007-10-05 (Fri) 日記 |
昨日、はじめてのおつかいに出掛けた。

ナプキンを頼まれたにも関わらず

なにかの手違いで大人用オムツを買ってた。

でもこれなら、多い日も安心だと思う。



かねてより、

一度は履いてみたいと思っていた大人用オムツ。

ついに今日、そのチャンスが巡ってきた。

妻の制止を振り払い、

大胆なまでの履きこなしで街へ出掛けてみた。

しかしながら今現在、

洋式便所に腰掛けてる私は、いかがなものだろう。



明日はナプキンを試してみたいと思う。

2007-09-14 (Fri) 日記 |
今日、奇跡の人と遭遇した。


学校帰りと思われる若者

その左目には、赤いスカウターが装着されていた。


奇跡的な出会いに驚愕した私だったが

若者もまた、私を見るなり驚いた顔をしていた。


そこには一体

どんな数値が表示されていたのだろう

うんこ度数か?

おなに力か?

私には知る由もない話である。


ただ言えるのは

奇跡の人、略して奇人に違いないということだけだ。

2007-09-06 (Thu) 日記 |
夕方6時。

一日の疲れを引きずるように階段を上り

我が家の扉に鍵を挿し込む。違和感


開いている。閉め忘れたか?


気にも留めず一目散に便所へ向かい

珠のようなウンコ様を一息みに搾り出す。

我家自慢のウォシュレットがない。違和感


どこいった?捨てられたか?


気にも留めず居間へと足を運ぶ

見たこともない 室内、内装、家具

見たことのある お婆さん??

下の階のおばあさん??違和感


なんで下の階のお婆さんが?ボケたか?


違和感が私の全てを埋め尽くす。

我が家じゃない。 ここはどこ?


外した入れ歯を懸命に磨くお婆さんと目が合う

見る見る青ざめながら、ここぞとばかりにお婆さんが叫ぶ

「ゥギャーーー!」


それを跳ね除けるかのように、私は言葉を発した。


「お前、誰やねん!!」

2007-08-15 (Wed) 日記 |
今日の午後。

妻に付き合って、スーパーに買い物に出掛けた。


店内に入ってすぐに妻の姿を見失ったものの

自分の欲っした「野沢菜」だけはしっかりと見付け

勇んで妻の買い物カゴに放り込んだ。つもりだった


妻だとばかり思っていた女性

その手に持たれた買い物カゴ


実は見ず知らずの女性であり

私などが気軽に野沢菜を放り込める

そんな買い物カゴではなかった。



野沢菜を見つめる二人



一瞬の永遠。

奇妙に漂う 凍てついた空気。


凍てついた空気と反比例するかのように

止め処なく上昇しつづける私の体温。



女性が顔を上げ、目が合った瞬間、私は言葉を発した。


「お前、誰やねん!!」

2007-08-13 (Mon) 日記 |
季節は夏。

久々の海に出掛けた私は少々浮かれ気分


出掛けた先が自分の出身地ということもあり

知人などいないものかと辺りを見回してみる


少し離れた場所に路駐している車の運転席に

見覚えのある顔を発見した。


高校時代に私の身辺警護係を勤めあげた人物

高田隆史(たかだたかし)に違いない。


喜び勇んで「たかだーー」と叫びながら

この上なき猛烈ダッシュで駆け寄った私は

運転席の窓から勢い良く身を乗り入れた。


互いの鼻息が交差し合い 混ざり合うような間隔

今にもディープなチュッチュを始めてしまいそうになる間隔

舌先で相手の鼻を舐め舐めしてしまいそうになる間隔


そこまできて、ようやく気付いた。



違う!これ、高田じゃない。

私の知ってる高田隆史じゃない。



目を丸くして驚いている見知らぬ男性

それを睨みつけながら、私は言葉を発した。


「お前、誰やねん!!」

2007-08-11 (Sat) 日記 |
久しぶりに母から連絡が入った。


最近、近所の猫が発情してうるさいのよ

でもまあ、それは仕方ないんだけどね

ほんとに困ってるのは

猫が交尾してる声を聞いたお父さん

つられて発情しちゃうのよ

毎晩よ。毎晩求められちゃうの

やだわ、もう。



母上様。 気付いてはくれませんか

そんな話を聞かされる私の方が嫌なんです



私がこの世に生を受けたきっかけは

猫の交尾だったのだろうか


やはり人間も

他の動物と共存していると実感した 今日この頃

2007-07-30 (Mon) 日記 |

 copyright © 2005 雲影 all rights reserved. Template By innerlife02 Admin 

RSS1.0 ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。