Top Category Archive All title Link Antenna Mail RSS Search
Category
現在表示しているカテゴリ = 【其他】
カテゴリ一覧
作文 (40) |短文 (38) |日記 (26) |独言 (2) |戯言 (13) |職語 (5) |心語 (12) |告知 (6) |其他 (14) |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- (--) スポンサー広告 |
さてさて、お坊さんが走り回るくらいに忙しい言われる師走。
その糞忙しい年末の時期に、隣組の組長がなにやら企てているようだ。

内容は「除夜のテキスト祭」のパクリ企画。本気パックリ企画。

以前に私も参加させて頂いたことのある「除夜テキ」どうにも今年は開催される気配がない。
それをいいことに、奴はパクリやがった。パックリと大股開きの大開脚でパクリやがッた。

しかもだ。ミラー企画と称して無許可でやってのけるつもりらしい(現在、除夜のテキスト祭主催者に許可申請中という噂もあるが・・・・)糞度胸があるというか肝っ玉が据わってるというか・・・・横柄だ。横暴というにも程がある。

しかしながら私とて、今年も出る予定にしていた「除夜のテキスト祭」が開催されない以上、隣組が主催するミラー企画「除夜のテキストラーイク祭り」に参加するしかないだろう。アソコギンギンで。

余計な執筆活動を増やしている気もするが・・・・

それにしても、これまで「除夜のテキスト祭」自体、テキストサイト主体で行われていただけに、ブロガー主催の「除夜のテキストラーイク祭り」がどんな感じになるのか、どれだけのグダグダ感をかもし出せるのか、どれだけ冷ややかな視線を集めることが出来るのか、非常に楽しみな話である。

詳しい内容はこちらを御覧あれ → 「除夜のテキストラーイク祭り」

ちなみに、この企画で私に課せられたテーマは「自由」だ。自由・・・なかなか厳しいテーマではある。いつの時代も、これから大人の階段をのぼろうという少年が頭を悩ませ、胸を痛めるであろう自由というテーマ。

もっと言うなら、ちんぽの毛が生え揃ったばかりの少年が、妙に皮が余っていることに頭を悩ませ、大浴場ではひた隠しにするしかない皮余剰陰茎。包茎手術をするもしないも自由というテーマ。これは少年期に誰しもが経験するであろう永遠のテーマといっても過言ではない。

その自由について私が語れることと言えば、不自由さの中にこそ見いだせるものである。ということと、お金と勇気、良い病院さえ見付かれば解決出来る問題である。ということくらいだ。

自由。そう、フリーダム。フリーダムと聞いて私が発想できることと言えば、カップヌードル。親にばれないよう腕立て伏せしながら、少し冷めたカップヌードルに、自らの股間的な部分を挿れたり出したりするのもフリーダムなら、繰り返し繰り返し、なにかしら発射するまで腕立てを続けるのもフリーダムだ。

つまり、なにが言いたいのかというと。
現在、私の頭の中はぐだぐだ状態であり、到底なにかしら書いたり出来る気がしない。という事だけだ。ただそれだけだ。

スポンサーサイト
2007-11-30 (Fri) 其他 |
なんとなく、さりげなく、しとやかに、すこやかに、
今日の私は勇気を振り絞って「なんでも鑑定書」と呼ばれるもので鑑定して頂いた。

結果   

■鑑定対象
BLOG : 疾走する雲が如く
著者 : 雲影さん
種類 : BLOGユーザ

■基本属性
URL : http://kumofactory.blog80.fc2.com/
「疾走する雲が如く」の著者である雲影さんは、お風呂の中で全力ダッシュした事を きっかけに、このブログを始めたと噂されている。
しかし、このブログの執筆期間中に財布を落とした事が原因で、一時はネット上では知らない人は居ないという状況にまで至った事もあった。
この時の事を雲影さんは今でも「ドキドキしちゃう♪」と語っている。
そもそも、雲影さんはコンビニ前でカップメンをぶちまけて怒られた時からずっと人間不信であり 今では「疾走する雲が如く」ファンからも「もっと、続けてー!!」と言われる程である。
「チョコボール」の異名を持つブログ「疾走する雲が如く」を今現在も書き続ける雲影さんは、「家庭より仕事を選ぶタイプ」と言っても過言では無い。

■日替わり鑑定
2007年11月01日現在の「雲影さん」
今日の必殺技 : 居留守
記事を書く気力 : 過去の日記を全部書き直したい
読者への気持ち : 友情を感じてる
今日の人 : 雲影さんの今日一番素敵な人はこの人!
      (雲影さんの一番親しい幼馴染)

■一日一句
今日の「雲影さん川柳」
飛び出そう ベンチに座り 気楽だね
※この川柳は、今日の雲影さんの為に鑑定システムが勝手に詠った川柳であり、雲影さん作の川柳ではありません。

■日替わり分析結果
挑戦運 : ★★★★
温泉運 : ★★★★
学校運 : ★★★★
睡眠運 : ★★★★
勉強運 : ★★★★


すべて的中している!
おそろしや、なんでも鑑定書。

己を真の姿を見極めたい人は
勝手にすればいい → http://kantei.rw.to/

2007-11-02 (Fri) 其他 |
今回もまた挑んだ「着信御礼!ケータイ大喜利」

お題:99%の人が「使いにくい」と答えた携帯電話とは?

 〇ダイヤル式
 〇FAX付き
 〇納豆臭い
 〇おサイフ型ケータイ
 〇メールアドレスが固定出来ない
 〇1時間に1回はランダム発信機能が作動する
 〇発信ボタンの代わりに発射ボタンが付いてる
 〇写真機能の代わりにお絵描き機能を搭載
 〇圏外ではなく論外と表示される
 〇すぐに必殺技を使いたがる
 〇着うたは北酒場しか受け付けない
 〇着メロはゴッドファーザーしか受け付けない
 〇メールは全て謙譲語に変換される
 〇誰に電話しても時報に繋がる
 〇どのボタンか分からないが自爆ボタンが付いてる
 〇すぐに「休憩入っていいですか?」と聞いてくる
 〇通話中、肝心なところで“ピー”が入る
 〇電話が掛かってくると「だ~れだ?」と表示される
 〇板尾創路が出てきてアンテナの本数を決める

結果。全滅
今回は自信があっただけに、かなりショッキングだ。
番組で紹介されたのより面白い気がしないでもないが・・・・
おそらく気のせいだろう。また、がんばろう。うん


おまけ
お題:お昼のラジオ番組「何じゃそりゃ?」何のコーナー?
   ※続いては( )のコーナーです。で答える

 〇続いては、おじいちゃんの耳毛便りのコーナーです。

2007-10-07 (Sun) 其他 |
ご存知な方も多いと思うが、
NHKでやってる「着信御礼!ケータイ大喜利」
今まで何度となく挑んできた訳なんだが、
只の一度も番組で紹介された事がない。

メジャー昇格を夢見る私が、特に力を入れているのが、
ルーキー・オオギリーグ。今回もまた、挑みに挑んでみた。

お題:アホアホ小学校 秋の大運動会とは?

 〇校長の挨拶が録音テープ
 〇白組と黒組しかない
 〇昼食まで校長の挨拶
 〇昼食は立食形式
 〇最初の種目が校外マラソン
 〇貸し借り厳禁を前提に借り物競争
 〇リレーのバトンがちくわ
 〇チークタイムがある
 〇優勝はくじ引きで決まる

はい、今回も駄目でしたね。いつかみてろよ

2007-09-23 (Sun) 其他 |
「無法地帯」のテキストサイト大全に

うちの名前が載っていた。

泣くね。泣いちゃうね。

名前が載っただけなのに、泣いちゃうよね。

ほんとに泣いたのかって?

泣くというよりイッたね。

止め処なくあふれ出たね。


いろんな意味で いろんなものが


恥ずかしながらも見て欲しい → 「テキストサイト大全」

2007-09-08 (Sat) 其他 |
土曜に遊び倒し、日曜には焦りまくる。そんな頭の悪いことを、毎週欠かすことなく繰り返すアホな方がいらっしゃる。
彼の名はナオシ。正確にはナオシーだった気もするが、そんなことはどうでもいい。私は彼のことをナオシと呼ぶ。勿論、愛を込めて

彼から受ける印象。それは非常にナイスなガイな青年である。青年とは言っても、年の頃なら軽くオッサンが入るお年頃。加齢臭までは出なくとも、所構わず尻穴からカレーの臭いをぷんぷんさせているに違いない。
果たして、その強臭に耐えられる人間が、この世に何人いるだろうか。私なら、それをぺろぺろすることも辞さない。そんな覚悟がある。

話がそれたが、

彼はナイスガイな青年であると共に、ナイスな顔面の持ち主でもあるそうだ。ただ残念だったのは、そのチンポが「う~ん、ナイスですねぇ~」に値するソレではなかったという事実。俗に言う、天は二物を与えず、二物の上に荷物を置かず、煮物の下にしくアレ、なんて名前だっけ?
なんにせよ、非常に残念なチンポの持ち主。それこそが、ナオシだ。では、どんなチンポなのか。誰もが興味をそそられる話だとは思うが、それは私とナオシ、二人だけの秘密だ。

それでも、彼が世間で言うところのイケメンであることにかわりない。イケメンと聞いた私は即座に“池ケ谷産明太子”を想像。
そんな良い物をお持ちならと、ついつい彼に“それ、ください。”メールしまった。勿論、後日“死ね!”といった内容の返事が返された。

ナオシを知るようになったのは、私が愛読している「TONARIGUMI」のコメント欄。そこで彼の名前を目にするようになってからだ。私と同じものを、同じように愛読している彼に対し「キミ、なかなかお目が高いじゃない。」と彼のブログを訪れたのが切っ掛けだ。(あとで気付いた話だが、彼と私がTONARIGUMIを読み出した時期は、ほぼ同時期だったらしい)

その時に訪れたブログこそ「土曜遊ぶ・日曜焦る」だった気がする。

彼のブログを訪れた私がチョイスした次の行動、それはまぎれもなく“閉じる”だった。彼の書いてるものを読みに行ったにも関わらず“閉じる“。
何故なら、その表紙に書かれた文句と、当時彼が使っていたプロフ写真から「このぶっさいくなオバハンなんやねん!」と即時×ボタンを押すに至ったからに他ならない。それが彼と私のファーストコンタクトになってしまった。(そんな勘違いの出来る私は天才に違いない)

それからおよそ3か月後。再び彼のブログを訪れた時には、押しも押されも、する?しない?的な人気ブログへと変貌を遂げていた。(この場合、ほぼ私のおかげと言っても過言ではないが、ここでは敢えて伏せておこう)
それもその筈、彼の書くものは面白かった。特に彼の書く連載モノには度肝を抜かれた。度肝のみならず、溜まっていたモノまで抜かれ、スッキリ。そんな抜きつ抜かれつな彼のことを、人は“ヌキヌキ王子”と呼ぶ。いや、変態王子だったか、連載王子だったか。なんにせよ、そんな感じだ。

彼の書くものが面白いのは当然の話として、それ以上に特筆すべきは、やはり彼の人柄だろう。実に良い奴だったりする。
「土曜遊ぶ・日曜焦る」の根底を支えているのは、そんな彼の人柄なのかもしれない。
私は思う。彼の心の8割は天使で構成されているのではないだろうか。たとえ残りの2割が、鬼畜的快楽色情魔だったとしても。
ちなみに私の心の大部分が、タピオカによって構成されていることは、誰にも告げることの出来ない私だけの秘め事だ。

(おそらく)彼は言う

「ワン・フォア・オール  オール・フォア・ワン」

 一人はみんなの為に みんなは一人の為に

私はそんな人間が大嫌いだ。うんこ祭で無理矢理お御輿を担がされ、うんこまみれになる26歳会社員の岡さんより嫌いだ。だがナオシは憎めない。

(何故なら)彼は声を大にこうも言うからだ

「オール・フォア・ホール ホール・フォア・オール」

 みんなは穴の為に 穴はみんなの為に

そんなナオシのことが嫌いにはなれない。なんなら、好きかもしれない。好きなのか?好きです。愛してます。って告ってる場合か!



私は近いうち、彼と飲みに行こうと思っている。

たとえその日を境に、私が彼のことをナオを呼び、

彼が私のことをダーリンと呼ぶことになったとしても


ただ見つめ合うだけで
一言も語ることなく、それぞれの帰路に着こうとも

熱く語る二人がヒートアップ
ネコパンチを出し合う、見るに耐えない喧嘩になろうとも

燃え上がった二人が
いちゃいちゃとホテルにしけ込み、ラブラブしようとも

そんな二人があっても、いいのではないだろうか



とりあえず見ておけ → 「ナオの快楽色情日記」

⇒ 続きを読む
2007-09-02 (Sun) 其他 |
「TONARIGUMI」の組長が開設一周年を記念して

『すべるかもしれない話』をやるそうです



すべると いいなぁ


 すべり倒すと思う方は ⇒ こちらへ

 すべらないと思う方は ⇒ こちらへ

 興味がないという方は ⇒ くたばれ
2007-06-27 (Wed) 其他 |
今夜23時くらいに「一」 の管理人 しんが

ネットラジオの試験放送をやるらしい



すべると いいなぁ


 一 (はじめ)には ⇒ こちらから

 聞く気のない方は ⇒ こちらへ



6月27日 朝

昨晩。ラジオを聞いた感想

「ハイ、どーもー」からは入らないんだと思った。

2007-06-26 (Tue) 其他 |
日本語に直訳すると「逃げる」

そんなセクシー&ネガティブなタイトルのサイトで

不定期な日記とシャア専用ゲルググについて

なにかしら書いてる奴がいる

シャア専用ザク だったかもしれない

シャア じゃなかったかもしれない

もしかしたら

なにも書いていないかもしれない



奴の名はケプ

なぜ故にケプなのか

そこには誰にも想像つかない大いなるスペクタクル

もしくは濃いスペルマが秘められている

残念ながらその秘められしスペルマについて

スペシャルなスペルマについて

私がここで語ることは出来ない。

がしかし『 Escape 』に行くことにより

奴が書いたものをチラリすることにより

その片鱗に触れるぐらいは出来るやもしれない



以前、『 Escape 』の不定期日記に

私のことを書いていた記憶がある

確か4月1日の日記。そこにはこう記されていた


愛と夢についてのみ書き綴られている乙女ちっくサイト

「疾走する雲が如く」をご存知だろうか?

そこでは、さりげない上にもさりげなく

さりげないの下にさりげないを作らず

人間のぬくもりや、やさしさが表現されている

それを読むことにより

人の心は溢れんばかりに満たされ

それを読むことにより

世界平和が訪れるのを願わずにはいられなくなる

そんなふうに人の心を動かす「疾走雲如」管理人の雲影


彼ほど純真で屈託のない笑顔を持つ人間が他にいるだろうか

もしかすると彼こそ今世紀 最初で最後の

イノセント(純真無垢)なのかもしれない


雲影

この世で唯一、兄貴と呼べる存在

雲影

この世で初めて人生を語り合えた存在

雲影

この世の最後まで愛を分かち合える存在


彼のチンポはギガスゴイ

性の不一致なんてありえない

ください それをくださいぃー



という日記だったかどうかは 謎のまた謎である



ケプの書く文章には無駄がない

故に淡白にも思える

だが、けっしてそうではない

無駄という無駄を削ぎ落とし

研ぎ澄まされたその文章はまるで

鋼の如きキックボクサー

しかも

派手なハイキックなど要しないその文章は

後からジワジワと効いてくることで名高い

ロー&ボディーを攻め立ててくる

そう、恐れ多くもこの私に

地獄の苦しみを味あわせようという魂胆だ

気付いた時には既に遅し

ゴー・トゥ・ヘル(地獄行き)

それを上手くかわして

ゴー・トゥ・ヘルス(ヘルス行き)

私の行き着く先は

いつも決まって快楽と言う名のヘヴン

なのさ



もしかすると

奴のような無駄の無い文章こそ

私の理想なのかもしれない



そう思った私は自分が書いたの読み直し

無駄なところを省いてみることにした

そしたら

全部消えた。

どうやら私は無駄しか書いていなかったらしい



現在は「眠れない、そんな夜に。」

などとほざいている『 Escape 』だが

以前は「朝のトイレ時に閲覧するのが適していると思う」

という謳い文句を掲げていた

だが、私はそれを読んでうんこの出た試しがない

なんなら、最近少し便秘気味

もしや奴のせいなのか

奴のせいでうんこが出ないのか

奴はうんこなのか


いずれにせよ、私のうんこを返してくれ


奴が私のイチジク代わりになってくれるのは

いつのことだろう



エスケープ

いつまでも、私から逃げれると思うなよ



『 Escape 』へは⇒こちらから

『 Ranking 』には⇒こちらから

⇒ 続きを読む
2007-06-02 (Sat) 其他 |
私が敬愛するシモネタの人

「BLUE-TRANSPARENCY」のasukaさん

今年もまたママチャリで旅をしているらしい

今回は西日本というか山陰をキラメキ駆け巡るそうだ

山口(下関)⇒島根(松江)⇒鳥取⇒京都⇒兵庫(神戸)

リアルタイムBBSも設置されており

要所では「全国not1人オフ」もやるらしい



時間があれば見にいってみようか

その変態ぶり

ってか行け⇒「BLUE-TRANSPARENCY」

2007-04-29 (Sun) 其他 |
「にほんブログ村」から連絡があった。

内容は以下の通り


雲影さま、こんにちは。
いつもにほんブログ村をご利用頂き誠にありがとうございます。
雲影さんのブログが「おみくじブログ」で紹介されます。

この度、にほんブログ村 おみくじブログにおきまして、
雲影さんのブログが大吉に当選いたしました。

このメール送信から約24時間後、深夜0時からトップページで
掲載が始まります。丸一日トップページに表示されますので、
下記トップページをご確認ください。
  ↓↓↓↓↓
http://www.blogmura.com/

訪れる読者の皆さんとコミュニケーションがとれるような、
素敵なブログサイトとしてこれからもよろしくお願いいたします。

雲影さん、
おみくじブログ大吉にご当選おめでとうございます。
それでは掲載開始を楽しみにお待ちください。



確認してみた。 ほんとだ
本日の大吉サイトになってる⇒「にほんブログ村」


私はどうやって訪れる読者の皆さんと
コミュニケーションとればいいのだろうか


これで一生分の運を使い果たした かもしれないのに

2007-04-28 (Sat) 其他 |
抜群の更新頻度と面白さを誇る

あの『ハラキリロマン』で本日

「疾走する雲が如く」が紹介されていた。


少し自暴自棄になっていた時期に

「私をめちゃくちゃにしてください」

確かに彼にそう告げた覚えがある。

それはまるで「私を強く抱きしめて」的であり

「獣のように激しく私を犯して」的な意味合いだった気がする。


がしかし、彼は私を滅茶苦茶にするどころか

そっとハンカチを差し出し優しく頬をぬぐうかの如く

疾走雲如を紹介しやがった。しかも全ては実話



もうね。ハラキリ最高、サイコ野郎!!



この疾走する雲が如くは

世界初のコメント有料化に成功した唯一のブログであり

見事なまでの価格破壊にも成功を収めた安心してご利用頂ける


架空請求闇金ブログ


にも関わらず、どうやら奴はそれを踏み倒す気らしい

ならばハラキリよ。目に物見せてくれよう


他所へ向かわせる予定だった我が愛用の緊縛師

ハラキリ邸に三日三晩送り込んでやる


苦痛の果てに この上ない快楽を見い出すがいい



覚悟しろ⇒「疾走する雲が如く」ハラキリ著

2007-03-26 (Mon) 其他 |

 copyright © 2005 雲影 all rights reserved. Template By innerlife02 Admin 

RSS1.0 ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。