Top Category Archive All title Link Antenna Mail RSS Search
Archive
前の月(09月)2007年10月のアーカイブ次の月(11月)


  • 謎は深まるばかりだ - No142 at 2007年10月31日(Wed)  [戯言]
    どこぞの糞ブログで、デコルテってなに?なんて摩訶不思議な質問が、どこからともなく急浮上しているのを見つけた。親切で心根の優しいマザーファッカーのような私が教えてやろうと思う。「あのビルの非常階段でデコルってこうぜ」「ええー、やだー。あんなとこー」「いいじゃん。行こうぜ」「誰かに見られたらどうすんのよー」「大丈夫だって。あそこなら誰も来ないから」「まわりから見えるじゃんー」「バッカ、見えないって。ほ...
    ... ⇒全文

  • リンク -繋がりし記憶- - No136 at 2007年10月28日(Sun)  [作文]
    私の実家の隣には川が流れている。少年の頃にはそこで釣りをしたり、魚を捕まえたりしてよく遊んだものだ。今ではきれいに整備されたせいもあり、生息する魚もすっかり減小してしまっているそうだ。陽射しの強いある夏の日の話。蝉の声とうだるような暑さの中、怪奇で陳腐な事件が起こった。遠くで聞こえていたサイレンの音がだんだん近付いてきたかと思えば、私の家の前を通り過ぎた所でサイレンが止んだ。部屋の窓から様子を窺っ...
    ... ⇒全文



  • 最高峰 - No129 at 2007年10月21日(Sun)  [作文]
    元フランス代表のサッカー選手ジエディーヌ・ジダンをご存じだろうかジズーという愛称でも知られる彼は、世界屈指のプレイヤーであったと同時に、世界最強の“てっぺんハゲ”の持ち主でもあった。例えるなら、フランシスコ・ザビエル。カッパのカー君みたいにだ。ジズーはサッカー選手として引退するまでの20数年、自身がハゲている事にすら気付いていなかったらしい。驚きである。ジズーのラストゲーム「フランス代表 vs イタリア...
    ... ⇒全文

  • 親愛 - No133 at 2007年10月19日(Fri)  [短文]
    妻の話によると、うちの娘(1才)は洗濯カゴから私の使用済みパンツを持ってきては、クマのプーさんに被せ、繰り返し頬ずりを楽しんでいるらしい。なんて深い愛情の持ち主なんだろう。変態チックな我が娘、がんばれ。...
    ... ⇒全文

  • 興奮 - No132 at 2007年10月17日(Wed)  [短文]
    マクダナルドでお持ち帰りをして、帰り道では手を出さず、部屋に着いたらテーブルの上に置き、紙袋を一気に引き裂いて中身をばら撒く。下半身に血のたぎりを覚える瞬間だ。...
    ... ⇒全文

  • OFF会狂想曲 - No131 at 2007年10月14日(Sun)  [作文]
    そういえば先日、オフなる会に行ってきましてね。ええ、もちろん参加者は私一人誰も誘ってくれないもんだから、自分で開催してやろうと企てた訳なんですが。ええ、参加者はやはり私一人大阪に在住の人、100人に聞きました。おにぎりはシャケかコンブどちらが好きですか?10人に1人はオカカと答えるであろう梅田まで行きまして。ええ、ただのオヤジギャグです京都にお住まいの私が何故にわざわざ大阪まで?人の集まりが吉かな...
    ... ⇒全文



  • NORIBEN’ WAR - No126 at 2007年10月08日(Mon)  [作文]
    人はいつもなにかと戦っている。そう感じたことはないだろうか私はのり弁当と戦っている。しゃけ弁当でも高菜弁当でもなく、日々のり弁当と戦っている。あからさまに、と言ってもいいだろう。常にのり弁当と、とてつもなく戦っている。「のり弁」なんて洒落た感じに略して呼ぶ人もいるが、私はいつでも尊敬の念と感謝の気持ちを込めて、のり弁当と呼んでいる。のりがのりであるように、弁当は弁当でなければならない。それこそが自...
    ... ⇒全文

  • 大喜利 弐 - No130 at 2007年10月07日(Sun)  [其他]
    今回もまた挑んだ「着信御礼!ケータイ大喜利」お題:99%の人が「使いにくい」と答えた携帯電話とは? 〇ダイヤル式 〇FAX付き 〇納豆臭い 〇おサイフ型ケータイ 〇メールアドレスが固定出来ない 〇1時間に1回はランダム発信機能が作動する 〇発信ボタンの代わりに発射ボタンが付いてる 〇写真機能の代わりにお絵描き機能を搭載 〇圏外ではなく論外と表示される 〇すぐに必殺技を使いたがる 〇着うたは北酒場し...
    ... ⇒全文
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- (--) スポンサー広告 |
どこぞの糞ブログで、デコルテってなに?
なんて摩訶不思議な質問が、どこからともなく急浮上しているのを見つけた。
親切で心根の優しいマザーファッカーのような私が教えてやろうと思う。

「あのビルの非常階段でデコルってこうぜ」
「ええー、やだー。あんなとこー」
「いいじゃん。行こうぜ」
「誰かに見られたらどうすんのよー」
「大丈夫だって。あそこなら誰も来ないから」
「まわりから見えるじゃんー」
「バッカ、見えないって。ほら、いくぞ」
「もうー、強引なんだからー」

「どうだよ?ほら?たまにはこんな場所でデコルテすんのもいいだろ?」
「あん。だめー、そんなにされたら・・・・あーん」
「お前、いつもより興奮してんじゃねえか?あそこがデコデコになってるぜ。このデコルが!」
「だめ。もう、デコルっちゃうー」
「デコれ、デコれ、デコっちゃえ」
「ああぁーー、デコルテーーー!!」

「どうよ?良かったろ?」
「うん。デコルテサイコー」

これだけ書いてもデコルテのなんたるかが解らない奴は、
こちらの解説文を読めばいい ⇒ 「デコルテの明日を考える会」 会長のブログ

スポンサーサイト
2007-10-31 (Wed) 戯言 |
私の実家の隣には川が流れている。
少年の頃にはそこで釣りをしたり、魚を捕まえたりしてよく遊んだものだ。
今ではきれいに整備されたせいもあり、生息する魚もすっかり減小してしまっているそうだ。


陽射しの強いある夏の日の話。
蝉の声とうだるような暑さの中、怪奇で陳腐な事件が起こった。

遠くで聞こえていたサイレンの音がだんだん近付いてきたかと思えば、私の家の前を通り過ぎた所でサイレンが止んだ。
部屋の窓から様子を窺った私の目に飛び込んできたのは、目を疑うような光景。

左の掌にモリが刺さった少年が担架に載せられ救急車に運び込まれようとしている。
なんやあれは?どないなってんねん?大丈夫なんやろか?なんであんなことに?どんだけアホやねん?
そう思ったのを忘れもしない。

あれから何年が経っただろう。
無事に彼の手から、モリは抜かれたのだうか


つい先日、なんだったかのテレビ番組で、
千原兄弟のJr.(弟)が靖史(きっつい兄)の
馬鹿さ加減を語ってるのを聞いていた。

うちの残念な兄の話なんですが
ほんまにありえへんのですよ。
小さい頃、近所の川に魚を捕りにいって、
潜ってる時に左の方でなんか動いたー!
いうてモリで突いたのが自分の左手。
モリを刺したまま救急車で運ばれたんですよ。
もう、ほんまありえへん!


!!!

あの日の記憶が鮮明に甦る。
私は懐かしさを感じつつ、
心の中で小さく叫んだ。
「お前かい!!」

⇒ 続きを読む
2007-10-28 (Sun) 作文 |
犬の散歩に出掛けた妻が、スコップと紙袋だけ持って帰ってきた。
まるでイモ掘りにでも行ってきたかのように

犬はどうした?

2007-10-26 (Fri) 短文 |
カナダで発見された4億年前の巨大な化石。その正体はキノコであることが判明したそうだ。全長8Mを誇る巨大ななキノコ。

・・・・・うらやましい

2007-10-24 (Wed) 短文 |
元フランス代表のサッカー選手
ジエディーヌ・ジダンをご存じだろうか

ジズーという愛称でも知られる彼は、世界屈指のプレイヤーであったと同時に、世界最強の“てっぺんハゲ”の持ち主でもあった。

例えるなら、フランシスコ・ザビエル。カッパのカー君みたいにだ。

ジズーはサッカー選手として引退するまでの20数年、自身がハゲている事にすら気付いていなかったらしい。驚きである。

ジズーのラストゲーム
「フランス代表 vs イタリア代表」
イタリアのDFマテラッツィとの会話

マ「調子にのんなよ。このハゲ!」
ジ「あ?誰がハゲやねん!」
マ「お前しかおらへんやんけ。てっぺんハゲ」
ジ「んな訳あるかい、ボケ」
マ「お前、気付いてへんのか?触ってみろや」
ジ「あぁん?」

ジズーは自分の頭頂部に手をあてるや顔面蒼白。次の瞬間には、みるみる顔を真っ赤に「ムッキーー」と叫びながら、マテラッツィの胸部にヘッドバットを喰らわした。
勿論即座にレッドカード、退場となってしまった。

そして彼はそのまま引退。
理由はヘディングのし過ぎによるハゲを防ぐため

だったかどうかは、謎のまた謎である。

2007-10-21 (Sun) 作文 |
妻の話によると、うちの娘(1才)は洗濯カゴから私の使用済みパンツを持ってきては、クマのプーさんに被せ、繰り返し頬ずりを楽しんでいるらしい。なんて深い愛情の持ち主なんだろう。

変態チックな我が娘、がんばれ。

2007-10-19 (Fri) 短文 |
マクダナルドでお持ち帰りをして、帰り道では手を出さず、部屋に着いたらテーブルの上に置き、紙袋を一気に引き裂いて中身をばら撒く。

下半身に血のたぎりを覚える瞬間だ。

2007-10-17 (Wed) 短文 |
そういえば先日、オフなる会に行ってきましてね。ええ、もちろん参加者は私一人

誰も誘ってくれないもんだから、自分で開催してやろうと企てた訳なんですが。ええ、参加者はやはり私一人

大阪に在住の人、100人に聞きました。おにぎりはシャケかコンブどちらが好きですか?10人に1人はオカカと答えるであろう梅田まで行きまして。ええ、ただのオヤジギャグです

京都にお住まいの私が何故にわざわざ大阪まで?人の集まりが吉かな、なんて思い描きまして。ええ、ただの独りよがりです

いろんな方に声を掛けたこともあり、12人が一同に会せる座敷を押さえておきまして。ええ、気配り上手ですから

梅田に到着した私が思い知らされたのは、世の中そんなに甘くないという現実。叩きのめされたのは、一人ぼっちだという状況。それだけでしたね。ええ、涙々


1軒目。居酒屋編
時間になると12人分の料理と飲物が運ばれた訳なんですが、いかんせん私一人。食いきれるのか?飲みきれるのか?せつなくないのか?耐えきれるのか?もう自分との戦いでしてね。ええ、哀れですとも

開始から2時間。宴もたけなわになった頃には、身籠って5ヶ月になる妊婦さんのように変貌を遂げた私が居ましてね。ええ、見るも無惨に

それもその筈、12人分もの硬いアレや大きなソレを次から次へと、嫌がる私の穴という穴に無理矢理押し込まれたのですから。ええ、レイプ的な強姦です

屈辱的な行為と耐え難い苦しみから、呼吸すら上手く出来ない状態に陥りましてね。ええ、産気づいたようです

仕方がないから、使い慣れてる皮膚呼吸を捨てて、臨機応変にラマーズ法へと切り替えを計った訳なんですが。ええ、呼吸法と古今和歌集を

店内が込み合いだした頃になると、私の他に誰も姿を現さないことに業を煮やした店員さん。12人が座れるよう配置されたテーブルを、4人掛け3つに変化させましてね。「ヒィーヒィーフゥー、ヒィーヒィーフゥー」と一定の間隔で規則正しく呼吸を繰り返す私のテーブルにまで相席の客を配置されまして。ええ、迅速かつ円滑に

見ず知らずの人達の前で、私に公開出産させる気なのかと、そういう魂胆なのかと、それを横目で見ながら股間的な部位をギンギンに膨らませる気なのかと、そんな思惑が見え隠れする店員に、心の中で言ってやりましたね。ええ、言ってやりましたね「許す!」と

しかしながら私とて、そんな横暴に泣いて暮らす日々を送ってばかりもいられません。分娩台に乗り、足をおっぴろげながらも、廻りの人とのコミュニケーションを計ってやりましたね。ええ、無視されっぱなしながらも

私の正面には「ここ3年ちんぽが勃っていないんです」といった悩みを語りながら、カルアミルクで精子を補充しようと躍起になる下等動物が。その隣には「右か左かばっかりやな!」が口癖の、右手でしか自慰行為しないせいで、見るも無惨にチンポが左に曲りくねった下衆野郎が。下衆野郎の前、私の隣には「Bダッシュしたらええやん」しか喋れない、めっぽう発情期の天然雌豚が座っていましたね。ええ、トリオです。トリオ・ザ・キッショイズです

話し掛けても全く無視されるもんだから、黙って会話を聞いていたんですが、これが酷い。ひとっつも笑うところ無く、死ねばいいのに!という結論に達した私は我慢の限界、声高らかに唄ってやりましたね。店内に響き渡るくらいビッグ&ビッグな囁き声で、あの名曲「台湾シティーは味噌煮込み」を。ええ、熱気ムンムン、熱狂的に熱唱、熱心に熱帯魚を見ながら、熱帯夜には熱湯をかぶれ!的に

その唄声に場の雰囲気も最高潮。相席の3人のみならず、店員、店長、店内の隠れホモまでが、四つん這いでサインと握手、記念のファックまで求めてくる在り様。勿論、殴ってやりましたね。ええ、気前よく3発ずつ

その後も「御一緒させてください。」という相席3人組の熱意に心打たれた私は嫌々ながらも「では、私のウンコをあげましょう」と猿、犬、豚を連れて次なるステージへと向かうのでありました。


2軒目。コスプレカラオケ編
3匹を連れ立って、鬼退治ならぬコスプレカラオケへやってきたガンダム世代真っ只中の私は、憧れの“赤い彗星”シャア専用アミタイツに扮しまして。シャア専用と言いますか、只の赤い全身アミタイツ。全裸にアミタイツを履いただけ。なのに、さりげなくカッコいい私

それに比べて他の3人はと言えば、ほんまにしょーもない奴等なんですよ。枝豆のコスプレやら、自転車のサドルやら、最悪だったのはすっぱムーチョのコスプレ。ありえねえ!ってか食い物ばっかり。サドルまで食う気なのか?食わせる気なのか?断固拒否します。サドル以外は不味そうですから

そんな感じで幕を開けたカラオケーション。丸3時間、一度もマイクを離すこと無く唄い続けた私でしたが、最後の最後だけでもと、みんなで「ハンバーグに捧げるバラード」を合唱、カラオケ大会はお開きと相成りました。


3軒目。焼肉屋編
この頃になると流石に打ち解けてきた感があり、4人揃って焼肉「いちばん」へ行きまして。野菜盛りと野菜盛りを注文、ぶつけ合っては笑い合い、笑い合ってはぶつけ合うといった楽しいひとときを過ごした訳なんですが

入店から1時間、タレばかりをジョッキに入れて飲み続けていた私は気持ちが悪くなり、便所に駆け込み個室で浣腸。その苦しみに興奮しぎて過呼吸に陥った私は、もがき苦しみそのまま悶絶、そして気絶。果てには自分で救急車を呼んで家まで帰ったらしいのですが・・・・記憶に御座いません。


あの後、他の3人はどうしたんだろう?
気になるといえば気になり、心配だといえば心配でもあるが
これを書いてて思ったのは、知ったこっちゃないってことだな。

にしても、オフ会って楽しいね。機会があったらまたやりたいな

もちろん、一人で。

⇒ 続きを読む
2007-10-14 (Sun) 作文 |
急いで電車に飛び乗ったら、女性専用車両だった為、慌てて反転したところ、クルクルと回転してしまい、そのままホームと電車の間に落ちる事が出来た。九死に一生を得た。

2007-10-12 (Fri) 短文 |
コーチから、フォームのチェックをしておくように言われた私は、久しぶりに近所のペッティングセンターへと出掛けた。
肩の開きが少し早い気がする

2007-10-10 (Wed) 短文 |
人はいつもなにかと戦っている。そう感じたことはないだろうか

私はのり弁当と戦っている。しゃけ弁当でも高菜弁当でもなく、日々のり弁当と戦っている。
あからさまに、と言ってもいいだろう。常にのり弁当と、とてつもなく戦っている。
「のり弁」なんて洒落た感じに略して呼ぶ人もいるが、私はいつでも尊敬の念と感謝の気持ちを込めて、のり弁当と呼んでいる。
のりがのりであるように、弁当は弁当でなければならない。それこそが自然界の掟であり、宇宙の摂理でもあるのだから。
それをだ。弁と略すことにより、弁当なのか弁慶なのか、弁財天なのか弁護団なのか、分からなくなってしまうだろ?

どうするよ?
のり弁当だと思って注文したのに、15分待って出てきたのが、のり弁慶だったらどうするよ?
食えるのか?持って帰れるのか?それ以前に驚いた顔ひとつせず、金を払って受け取ることが出来るのか?
できないだろ?できないよな、ふつう
怪力無双の荒法師、武蔵坊弁慶にのりをのせてみろよ。時には巻いてみろよ。
ただでさえ強い武蔵坊弁慶に、艶々とした黒褐色の光沢と香ばしい磯の香りが備わったら、勝てるものも勝てなくなるだろ?

どうするよ?
のり弁当だと思って注文したのに、20分待って出てきたのが、のり弁護団だったら
弁護士12人に囲まれて、のりの訴えたかったことを、四方八方から代弁されたらどうするよ?悩むだろ?凹むだろ?

あなたはこの豊富なビタミンとずば抜けたタンパク質に好意を抱いていた。そうですね?たっぷりの食物繊維と貧血予防の鉄分を自分のものにしたくなった。違いますか?だが、現代人に不足しがちなカルシウムやヨードなどのミネラルが、自分のものにならないことを知ったあなたは殺意すら抱くようになった。そうではありませんか?もっと言うなら、これ程までにご飯を効率よくエネルギーにかえる働きに長けた身近で手軽な食べ物を殺したいほどに愛していた。違いまか?どうなんです?答えなさい!

相当、凹むだろ?鬱にだってなるだろ?

明日からは、いや今この時から
ハッキリのり弁当と言うよう心掛けなさい

それがあなたの為でもあるのだから

2007-10-08 (Mon) 作文 |
今回もまた挑んだ「着信御礼!ケータイ大喜利」

お題:99%の人が「使いにくい」と答えた携帯電話とは?

 〇ダイヤル式
 〇FAX付き
 〇納豆臭い
 〇おサイフ型ケータイ
 〇メールアドレスが固定出来ない
 〇1時間に1回はランダム発信機能が作動する
 〇発信ボタンの代わりに発射ボタンが付いてる
 〇写真機能の代わりにお絵描き機能を搭載
 〇圏外ではなく論外と表示される
 〇すぐに必殺技を使いたがる
 〇着うたは北酒場しか受け付けない
 〇着メロはゴッドファーザーしか受け付けない
 〇メールは全て謙譲語に変換される
 〇誰に電話しても時報に繋がる
 〇どのボタンか分からないが自爆ボタンが付いてる
 〇すぐに「休憩入っていいですか?」と聞いてくる
 〇通話中、肝心なところで“ピー”が入る
 〇電話が掛かってくると「だ~れだ?」と表示される
 〇板尾創路が出てきてアンテナの本数を決める

結果。全滅
今回は自信があっただけに、かなりショッキングだ。
番組で紹介されたのより面白い気がしないでもないが・・・・
おそらく気のせいだろう。また、がんばろう。うん


おまけ
お題:お昼のラジオ番組「何じゃそりゃ?」何のコーナー?
   ※続いては( )のコーナーです。で答える

 〇続いては、おじいちゃんの耳毛便りのコーナーです。

2007-10-07 (Sun) 其他 |

 copyright © 2005 雲影 all rights reserved. Template By innerlife02 Admin 

RSS1.0 ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。