Top Category Archive All title Link Antenna Mail RSS Search
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- (--) スポンサー広告 |
季節は夏。

久々の海に出掛けた私は少々浮かれ気分


出掛けた先が自分の出身地ということもあり

知人などいないものかと辺りを見回してみる


少し離れた場所に路駐している車の運転席に

見覚えのある顔を発見した。


高校時代に私の身辺警護係を勤めあげた人物

高田隆史(たかだたかし)に違いない。


喜び勇んで「たかだーー」と叫びながら

この上なき猛烈ダッシュで駆け寄った私は

運転席の窓から勢い良く身を乗り入れた。


互いの鼻息が交差し合い 混ざり合うような間隔

今にもディープなチュッチュを始めてしまいそうになる間隔

舌先で相手の鼻を舐め舐めしてしまいそうになる間隔


そこまできて、ようやく気付いた。



違う!これ、高田じゃない。

私の知ってる高田隆史じゃない。



目を丸くして驚いている見知らぬ男性

それを睨みつけながら、私は言葉を発した。


「お前、誰やねん!!」
スポンサーサイト

2007-08-11 (Sat) 日記 |

 copyright © 2005 雲影 all rights reserved. Template By innerlife02 Admin 

RSS1.0 ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。