Top Category Archive All title Link Antenna Mail RSS Search
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- (--) スポンサー広告 |
むかーし昔から、外国の人から見た日本人というのは、はっきりNOと言えない人種だと言われてきた。
そう、断わる事が非常に不得意な種族。では違う言葉ならどうだろう。そんな疑問を感じた私はある言葉で試してみることにした。その一部始終をここに書き記すことにする   

アヘアへと言ってみる。

42年間勤め上げ、無事に定年を迎えた笹原さんの送別会で、最後の挨拶にアヘアへと言ってみる。

部長に呼び出され「今度の人事で、君を課長に推薦しておいたから。頑張ってくれたまえ」と言われた時、謙虚な姿勢でアヘアへと返事してみる。

サルティンバンコを見に行って、スタンディングオベーションする時に、涙ながらにアヘアへと言ってみる。

創立20周年記念式典で、社長賞を授与される時、緊張で声を裏返しながらアヘアへと言ってみる。

野良猫にエサを与えようと、コンビニに菓子パンを買いに行ったものの、戻ってきたら居なくなってた時、その場にたたずみアヘアへと呟いてみる。

部下が遅刻してきても皆の前では怒らずに、あとで会議室に呼び出し、耳元で囁くようにアヘアへと叱ってみる。

公衆便所でウンコして、紙が無いことに気付いた時、断末魔の叫びさながらにアヘアへと言ってみる。

正月に親戚一同が集まるめでたい席で、ハニカミながら数の子に向かってアヘアへと言ってみる。

満員電車で痴漢された時、我慢に我慢を重ねた後で、吐息まじりに(声を上ずらせながら)アヘアへと言ってみる。

うん。NOとは言えなくとも、これなら言えそうな気がする。なんだか勇気が沸いてきた。みんなも返答に困った時や、思っていることを上手く言葉に出来ない時には、アヘアへと言ってみればいい。アヘアへが恥ずかしいなら、チョメチョメでもいいのではないだろうか。

私の場合、NOと言うのは容易いことであり、安易にYESとは答えない人間だから関係もない気もしたが、NOと断わることが出来なくて悩んでいる、そんな人達の力に少しでもなれればと思い、今作を書いてみた。考えてみて欲しい。“アヘアへ”や“チョメチョメ”と言うことを前提に考えれば、NOと言うくらい容易い話ではないだろうか。これでまたひとつ、社会問題に見事な斬り口で挑み、突破口を開いた私が讃えられることは間違いないだろう。合言葉はレッツ・アヘアへ!!
スポンサーサイト
2007-11-11 (Sun) 作文 |

 copyright © 2005 雲影 all rights reserved. Template By innerlife02 Admin 

RSS1.0 ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。