Top Category Archive All title Link Antenna Mail RSS Search
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- (--) スポンサー広告 |
仕事が忙しくなりつつある事をその雰囲気だけでいち早く察知した私は、パプアニューギニアへの逃亡を企て実行へと移した。用意周到に準備されたこの計画に一点の曇りも無い。だが成田空港へと車を走らせる最中、いくつかの重要な事実に気付いてしまった。

・ ガソリンがあまり入ってない
・ お財布を忘れた
・ どっちへ行けば成田空港に着くのか知らない
・ 無性に右足の小指付近がかゆい
・ 昨日の自動販売機でおつりを取り忘た気がしてならない
・ お腹が減った
・ シンディー・ローパーとウーパー・ルーパーは別人だ
・ この車の車検は既に切れている
・ パスポートを持っていないが、たいした問題ではない
・ 成田空港より関西空港の方が近い気もする
・ 今日の晩御飯は何か嫁に聞くのを忘れた
・ どこへ行くつもりだったか忘れた

ああでもない。こうでもない。とやっている私の前に、うちの社長が立ちはだかった。何故ここに社長が?どうしてここが分かった?跳ね飛ばしてやろうかどうしてやろうか悩んでる私の脳裏に、社長におごって貰ったアイス(ガリガリ君ヨーグルト味)が顔を覗かせた。そして私に優しく微笑みかける

くそっ!私には出来ない

意外にも義理人情に厚いというか、おごって貰う行為に弱いというか。いずれにせよ主人に腹を見せ、服従のポージングに徹する犬の如き私の一面が露呈してしまった。結果、あえなく御用。社長に連れ戻される

それからの私は毎朝6時に出社。帰宅は日付が変わってからという過酷な労働条件を強いられるハメになった。

すべてはあいつのせい。あのアイス。あいつさえいなければ。あいつさえ邪魔しなければ。今度見掛けたら、ただじゃおかない





喰ってやる!!
スポンサーサイト

2007-03-11 (Sun) 作文 |

 copyright © 2005 雲影 all rights reserved. Template By innerlife02 Admin 

RSS1.0 ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。