Top Category Archive All title Link Antenna Mail RSS Search
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- (--) スポンサー広告 |
いろんなサイトやブログで目にしたことのある

映画のレビュー。 以前からやりたいと思っていたが

なかなかその機会に恵まれないまま今日に至ってしまった。


だが、なめるなよ。

私にレビューが出来ないとでも?

レビューの意味を知らないとでも?

やってやるさ。

ああ、やってやるとも

もう、我慢できない。

男はソレを我慢できない

時にはアレも我慢できない


さて、レビューするにあたり私が選んだ作品は

松なんたらさん初監督作品「大日本人」それである

私ほどの人がレビューデビューするには

最も相応しいであろう映画「大日本人」これで決まりさ


持てる限るのアイデン&ティティーをフル回転に挑んでやる

メリーゴーランドが回るかのようなメルヘンさ

ミラーハウスで目が回るかのような気持ち悪さ

観覧車が回るかの如き、スピード感溢れる回転率で挑んでやる。


バケツに水を容れて

ぐるぐる振り回してもこぼれないのが遠心力なら

私に映画を鑑賞させて出てくるのは

すんばらしいレビューに違いない。



さてさて、映画館に到着した私は大日本人のポスターを眺め、いざっ!と心の中で叫びながら両の手で妻の頬をビンタする。

キラーカーンが必殺技“モンゴリアンチョップ”を想像して頂ければほぼ差し支えのないそれを繰り出し、気合いを入れ直した私は唖然とする妻を他所にチケットカウンターへと向かった。

カウンター内でチケット販売など営んでいるレディーに対し、本日レビューデビューする旨を告げて、少しマケてくれないか交渉してみる。

結果。あえなく無視

泣く泣く定額での購入を承諾。「子供2枚」と伝えた。するとレディーは「何歳ですか?あなた何歳なんですか?ピアスを3つも着けて、ヒゲを生やしてるチョイオッサン風のあなたは何歳なんですか?」とまくし立ててきた(くっそー、バレてる)

私の可愛らしいチンポさえ見せれば、このレディーも子供料金で納得するだろうが、そんなことをしたら妻に殺されかねない。ここはひとつ清水の舞台から飛び降りるつもりで、宝塚の舞台に男役で出演してやろうか。いや、違う。

大人2枚分のチケットを買わされ、軽くボッタクリにあった気がしてならない私は、ポップなコーンとウーロン茶まで購入。頭の中では“自己破産”という言葉が駆けては巡り、駆け巡る。


いよいよ、放映開始。
『 舞妓Haaaan!!』(まいこはーん)

スクリーンに写し出された京都の風情と阿部サダヲに、私のハートは終始釘付け。読んで字の如く、終りと始まりに釘を打ち付けられた私のハートは痛い痛いと叫びつづけたまま

気付いた時にはエンディングロールが流れていた。

レビューデビューをレディーに邪魔されそうになりながらも、持ち前の精神力で見事なまでにやり遂げた。そんな私の伝説のレビューがここから開始される。

レジェンドの幕開けを目の当たりにするあなた方のことは、歴史の生き証人と呼ぶしかないだろう。


それではレジェンド・オブ・レビューを

時間の許す限り、存分に堪能されるがよい



感想。ななはーーーん!がウケた

質問。レビューってなんて意味よ?

後悔。「大日本人」見るの忘れた




では、また来週。
スポンサーサイト

2007-07-22 (Sun) 作文 |

 copyright © 2005 雲影 all rights reserved. Template By innerlife02 Admin 

RSS1.0 ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。