Top Category Archive All title Link Antenna Mail RSS Search
Category
現在表示しているカテゴリ = 【日記】
カテゴリ一覧
作文 (40) |短文 (38) |日記 (26) |独言 (2) |戯言 (13) |職語 (5) |心語 (12) |告知 (6) |其他 (14) |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- (--) スポンサー広告 |
小野くんの家へ、

引越の手伝いに行った。


段ボール箱に詰め込むだけ詰め込んで

底にガムテープを貼り忘れたまま

いきおいよく持ち上げたら

底が抜けた。


数々の品物が音をたてて崩れ散る

それを見た小野くんは便所に駆け込み

泣いていた。


小野くん曰く。

彼女との想い出の品々だったらしい

おそらく小野君の頭の中では

雲影 = 彼女との想い出を壊した極悪人

という図式が出来上がっていることだろう


しかしながら


小野くんよ。

想い出とは形にあらず 心の中にあってこそ

色褪せることなく 輝きつづけるもの なんだぞ。



段ボール箱に目をやると

その上面にはガムテープが

しっかりと二重に貼られていた。



悲しきかな 人生

それもまた 人生

2007-07-24 (Tue) 日記 |
友人の桜井くん家にテレビを見に行った。

我が家にはテレビがない

故に桜井くん家にテレビを見に行った。

桜井くん家を訪れたのは

昨年の暮れの紅白以来になる

紅白以来のテレビということになる。


テレビではお天気お姉さんが

明日の天気を涼し気な顔で淡々と喋っている。

淡々と喋るお姉さんに

桜井くんのお父さんが熱く語り掛けた。

「俺にだって天気予報ぐらい出来んだぜ。馬鹿にすんなよ

 お前のアソコは高温多湿だろ? え? 違うのか?

 なんなら確かめてやろうか? ガハハハハ」


静かな食卓に、気違いの笑い声がこだまする。


その日以来

テレビを見る場を失った私は

益々、世間に疎くなってきている

2007-07-18 (Wed) 日記 |
七夕。

今日は織姫と彦星が年に一度

天の川で逢うことを許された日。


川向こうの彦星に向かって

織姫は言いました。

「織姫、最近 おりものが多いのー」

織姫の心も焦がす告白に応えるように

彦星も言いました。

「彦星、最近ぶくぶく太ってきて

  彦摩呂みたくなちゃったー」


幸せになれるといいね。おふたりが



さて、七夕と言えば

短冊に願い事を書いて笹(葉竹)に飾り付け

海へ流すことにより願いが叶うと言われている日でもある。


勿論、私も書いた。

自分のためでなく、娘のために


まだ文字の書けない娘に代わって願い事を書くようにと

保育園より持ち帰られた短冊

私は娘に成り代わって思いの丈を書き記した。

我ながら良く書けたもんだと自分で自分にごほうびの

うまい棒サラダ味を買い与えたほどである。


昨日、保育園に足を運んだ時

廊下に飾られた笹を目にした私は

他所の親御さんが書いた短冊に一通り目を通した。


“元気にすくすく大きくなりますように”

“早く歩けるようになりますように”

“優しい思いやりのある子になりますように”

“早くオムツがとれますように”


なるほど、みな我が子の成長を楽しみにされている


だがしかし

くだらねえ!  というか、センスねえ!!


そんなことで立派な若者が育まれるとでも?

日本の未来をしょって立つ大人になれるとでも?


なめるな。

私のちんぽを舐めても、私を舐めるな。


では、どう書けばいいのか

どう書けば、正解だったのか


私が書き記した短冊を参考に

みな、正しい願い事を書くよう

心掛けて欲しいものである。



“小粋なガールになれますように”



目に焼きつけろ → 証拠写真

2007-07-07 (Sat) 日記 |
あるホテルの一室。滞在10目


この部屋に滞在するようになってからというもの

テレビを見ているだけで、腹立たしさを覚えるようになった。


そしてそれは

日に日に酷くなっている気がしてならない。

何故なんだろう


よーく考えてみよう

深く考察してみよう


そういえば、テレビのスイッチをつける時

既に苛立っているような気がしてならない。

何故なんだろう


よーく考えてみよう

深く考察してみよう


リモコンに書かれた文字が目に留まる



“MILUCA”



見るさ。言われなくとも



これだ!



にしても

こんなメーカー聞いたことがない


続きを読む↓
2007-07-04 (Wed) 日記 |
私は果物が嫌いだ。

果物の入った料理などはもっての他である


酢豚に入ったパイナップル

冷やし中華に入ったミカンやサクランボ


最悪だ


先日の私の昼食。

メインディッシュの横に添えられたポテトサラダ

その中に忍び込ませてあったリンゴ

気付かなかった私は

ポテサラ+リンゴの最悪コラボを食してしまった。


その日の私の日記にはこう書き記してある



暗殺者現る。

2007-06-14 (Thu) 日記 |
今日は月に一度の「ちん毛散髪デー」

私のちん毛は人様のそれより妙に長い為

ちんぽが毛を食うというおぞましい現象を巻き起こす。

それ故、月に一度のカットを余儀なくされている。

ちんぽが短いという説もあるが、それはまた別のお話。


勿論、カットするのは妻の役目

美容学校に通っていた経歴を持つ妻に、事細かに注文をだす

「春らしく、少し短めで爽やかな感じに」

いつものようにカウンセリングにて意思の疎通を計り

カットは開始される。


軽快なるカットに酔いしれている最中

ふと、妻に以前言われた言葉が私の脳裏をよぎる

「浮気したらあんたのチンポ、ちょん切っちゃるけんね」


・・・・・怖。


その様を想像している私に妻が言う

「ちっちゃいのが、一段とちっちゃなってて切りにくい」

「もう少し、大きくならんの?」



よけいなおせわだ。

2007-06-12 (Tue) 日記 |
ウォシュレット買っちゃった。

正確には

ウォシュレット買って貰っちゃった。

私の七つのお祝いに

ウォシュレット買って貰っちゃった。


えへ


以前 「私は病んでいる」 という自らの闘病生活を赤裸々に綴った日本語版レインマンとでもいうべき名作を書き上げた私は、リアルに尻穴から血が出るまで拭きに拭きまくっていた過去を持つ男。医師からは尻穴出血多量症候群とまで診断され、拭きすぎによるトイレットぺーパー無限消費現象という一大ムーブメントを引き起こした張本人でもある。


だが、そんな心配はもういらない。

なぜなら

ウォシュレット買っちゃった。

正確には

ウォシュレットの取り付けに成功しちゃった。


えへ


使った経験のある人ならご存知だろうが

[おしり]ボタンをワンタッチするだけで

尻穴がキレイになっちゃうのは勿論のこと

[ビデ]という装置にて金玉の裏側(以後、裏金)

までキレイになっちゃうウォシュレット


本気、刺激的。


まだまだ発展途上のゴールデン成長期にある

私の尻穴と裏金には持ってこいなこのアイテム


今後、いろんな意味で私をスッキリさせてくれるに違いない

2007-06-07 (Thu) 日記 |
今日、うちの娘があらたな必殺技を覚えた。

まだLV3にも満たない娘が覚えた必殺技


レロレロ


正確にはレロレロ レロレロレと発音するらしく

朝も早よから、ひたすら連発されている。

どこで覚えてきたのやら

はじめて喋った言葉がレロレロだなんて


なんて素敵な我が娘


お前の気概に敬意を表し

今夜、私も使ってみるとしよう

その必殺技に

きっとママもメロメロになるはずさ



レロレロにメロメロ

2007-06-05 (Tue) 日記 |
そんなに我慢させていたなんて

お前を一人にしていたなんて

気付いてやれなくて すまなかった



うちの妻が病気になった

「鼻奥膿溜病」 本当の病名は知らない

というか忘れた

なんとなく そんな病名だったろう

読んで字の如く

鼻の奥に膿が溜まる病気らしい

それは鼻のかなり奥の方で起こっているらしく

顔の位置で言うなら左目の下方

ちょうど左頬骨の辺り

手術を要する程の病状だと聞いて私は焦った

そして反省している


きっと私のせい


妻にはきちんと謝罪するつもりだ

たとえ許してくれなくとも かまわない

ただ謝罪したい


私のせいで すまなかったと

私のわがままのせいで すまなかったと


そんなになるまで我慢していたなんて

気付いてやれなくて 本当にすまなかった


もう 全部飲めとか言わないから

早く良くなってくれ



きっと飲み過ぎたんだな 精子

2007-05-15 (Tue) 日記 |
近年、なにかにつけて小型化の一途を辿る電化製品。

以前ならSDカードでさえ充分に小さかった物まで

モア小さくなり

最近ではミニSDカードやら

マイクロSDカードなんて物まで出現している

マイクロとかミニとか



エロいねん!!



そんなフレーズを聞くと

どうしてもヨダレが出そうになってしまう私


だが気付いた

単にマイクロミニなスカートを連想してしまう

私がエロいだけの話であることを



えへ

2007-04-11 (Wed) 日記 |
今日の昼過ぎ。

左の鼻穴に違和感を感じた私は

嫁の目前に左鼻穴をさらけ出し聞いてみた

「鼻毛出てへんか?」

「いや、出てへん」

「ほんまか?」

「出てへんて」

「ほぉか」

(おかしいな。まあ、出てへんならええけど)


事無きを得たかと思われた

が、それから約6時間後。


膝枕でくつろぐ私の顔を見ながら

嫁は急に笑い出した

「ぎゃはははっ 出てる。出てる」

「なにがやねん?」

「ハナゲ!」

「あぁ?」

「めっさ長いのが」

と言う会話を繰り広げた後

笑いの止まらなくなった嫁


(お前、昼間に聞いた時は出てへん言うたんちゃうんかい!)

(なんやねん。鼻毛放置プレイのつもりなんちゃうんかい!)

(お前、それはちーと笑い過ぎなんちゃうかい!)

(なんか、少し恥ずかしいんちゃうんかい!)


「ちょう、抜いてくれや」

「うん。待って」

「はよ抜けや」

「いくで」


ぶちっ!


「ぐぬっ」(痛っ)

鼻毛を抜かれたと同時に

湧き上がりし様々なる激しい感情

痛烈な痛み、笑われた恥ずかしさ

そして鼻毛放置プレイに対する恨み

それらが訳の分からぬミックスハートとなり

一気に噴出する

怒リ進行形。まさにイカリング

私は感情の赴くままに嫁を縛りあげ、天井から吊るした。


亀甲縛りなどの緊縛技術と知識を持たない私は

とにかく結ぶ。固結び、固結び。たまに蝶々結び

なんせ結ぶ。固結び、固結び。たまに蝶々結び


口には猿ぐつわ代わりの大根をねじ込み

鼻の下には先程抜いた私の鼻毛をあしらってやる



そのまま放置 3時間経過



苦しさからか、怒りからなのか 時折、声を上げる嫁

「モゴッ、モグッ ムッ、ムグーー」


そんな状況の中

今まさに平然とキーボードを叩き続ける私がここに居る


ちらっと横目で嫁の様子を伺い 私は思う


あれは、ほどかれへんやろ どないしよ



しゃあない ここは知らん顔して寝るとしよう

おやすみハニー また明日ね

2007-03-08 (Thu) 日記 |
タッ タッ タッ タッ

私は走っている

ハァ ハァ 言いながら


タッ タッ タッ タッ

ひたすらに走っている

ゼェ ゼェ 言いながら


タッ タッ ぐねっ

ぐねた

「はうっ!」

叫んだ。


なんで私は走ってるのか?

そうだ!!

犯人を追いかけていたんだ

でも、それらしき人物は見当たらない



なっ! 違うの?

携帯を探しているの?

そうなの? 


5階建てのビルん中を走り回って

私は携帯を探しているのか?

だが、屋上に着てから一体何週目?

これって 見付かるのか?



あっ! ウッチャン(内村光良)

「そいやー!」

あっ! 屋上から飛んだ

えー? そんなとこに携帯あったの?

あっ! 携帯持ったまま ウッチャン落ちてった

ウッチャン なにしに来たんだろ?




変な夢だった



つまり、あれだな。

如意棒は伸びるだけじゃないって話だな。うん

2007-03-02 (Fri) 日記 |
BACK HOME NEXT

 copyright © 2005 雲影 all rights reserved. Template By innerlife02 Admin 

RSS1.0 ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。